新着情報

ホーム > 博物館トップ > 新着情報 > 博物館企画展「博物館70年のあゆみ」展関連シンポジウム「博物館の過去・現在・未来−1946〜2017」【6月17日(土)開催】

博物館企画展「博物館70年のあゆみ」展関連シンポジウム「博物館の過去・現在・未来−1946〜2017」【6月17日(土)開催】

2017年05月18日

日 時:6月17日(土)14:00〜16:00(開場13:30)
場 所:講堂
パネリスト:宜保榮治郎、大城 将保、當真 嗣一、田名 真之
進行:園原 謙

定 員:200人(当日先着順、予約不要)
※入場無料

【内 容】
 1946年4月に沖縄民政府立東恩納博物館や民政府立首里博物館の設置により2016年3月で満70年を迎えました。これまで県内外、海外から多く寄贈や収集、購入、寄託資料があり、その数は10数万点を数え、今日の博物館活動の基礎を作りました。
 これまで博物館に従事した職員は延べ100人程度になりますが、旧博物館時代の館長は延べ21人を数えます。今回「70年のあゆみ展」を開催するにあたり歴代館長を招聘し、当時の博物館の様子やその思い出を語り、今後博物館が果たす役割について意見を聞く機会を設けることを目的とします。

 
主催:沖縄県立博物館・美術館